?

お薦めゴールドカード

2009年7月28日 04:09 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

クレジットカードの会社はいろいろとあり、会社ごとに付帯しているサービスも異なっています。比較的審査基準が緩く入会しやすいスタンダードカードでは、サービスに大きな違いはありませんが、ゴールドカードではサービスの違いが目立ってきます。ゴールドカードのサービスの違いはクレジットカード会社ごとに比較してみるとよく分かるでしょう。

初めて持つゴールドカードとしてお薦めのカードに「MUFGゴールドガード」があります。MUFGゴールドカードは、年会費が初年度は無料で2年目以降の年会費も2,000円と、とても安く設定されているクレジットカードです。MUFGゴールドカードは、年会費が安いからといって決してサービスが劣っているというわけではありません。24時間、年中無休でコールセンターを利用でき、海外旅行傷害保険やショッピング保険などもきちんと付いています。しかし、一部の空港ラウンジサービスを利用できないなどの制限もあるようです。

その他、シティゴールドカードも人気があり、こちらも初年度年会費が無料になっています。2年目からは12,600円の年会費が必要になりますが、国内旅行傷害保険・海外旅行保険には最高1億円の保証が付いており、より上質なサービスを受けることのできるクレジットカードとしてお薦めの1枚です。

 

 禁煙にチャレンジ  あがり症の克服  あがり症の症状  口臭対策
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ゴールドカードとは
ゴールドカードは、利用限度額が高く設定されており、受けることのできるサービスもスタンダードカードよりも充実している、優良顧客に対して発行されるカードです。
ゴールドカードのメリットとデメリット
充実した特典やサービスを受けることができるゴールドカードでも、サービスの内容を知らずに、カードを利用せずにいるといろいろなシーンで損をしているかもしれません。
お薦めゴールドカード
クレジットカードの会社はいろいろとあり、会社ごとに付帯しているサービスも異なっています。比較的審査基準が緩く入会しやすいスタンダードカードでは、サービスに大きな違いはありませんが、ゴールドカードではサービスの違いが目立ってきます。
プラチナカードとは
ラチナカードを持っていると、通常のクレジットカードを持っているだけではとても体験することができない上質なサービスを受けることができます。
プラチナカードのメリットとデメリット
クレジットカード会社の発行するカードの中で、プラチナカードのステータスは高いため、持っているということで満足感を得ることができるでしょう。
プラチナカード取得方法
プラチナカードを取得するためにはゴールドカードでの利用実績が必要となり、そのクレジットカード会社にとって優良な顧客にならなければなりません。
お勧めプラチナカード
他のクレジットカード会社のプラチナカードの年会費が50,000円~100,000円するのに比べて、セゾン・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードの年会費は21,000円と安く設定されているのも人気のある理由の一つでしょう。
ブラックカードとは
ブラックカードとは、ゴールドカードやプラチナカードよりも上位に位置するクレジットカードです。ブラックカードの歴史は浅く、1999年にアメリカン・エキスプレスがアメリカで発行し、日本では2002年に初めて発行されました。
ブラックカードのメリットとデメリット
通常のクレジットカードには設定されている利用限度額も、ブラックカードには設定されておらず、例えば家を一軒カードで購入することも可能です。
ブラックカード取得方法
クレジットカードの中で一番上位に位置するブラックカードは、持っていることがステイタスになるカードです。 年会費が10万円以上もするブラックカードを持っていると、高級レストランのVIPルームが利用できたり、一般のクレジットカードでは入手することができないような観劇やコンサートのチケットを手配することが可能であったりと最高級のサービスを受けることができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/941

コメントする

このサイトを購読する