?

プラチナカード取得方法

2009年7月28日 03:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

クレジットカードの中でもランクの高いプラチナカードを取得するためには、一定の条件をクリアする必要があります。プラチナカードを取得するためには、基本的に1年から3年以上そのクレジット会社のゴールドカードを持ち、100万円以上の決済額が必要だと言われます。

プラチナカードを取得するためにはゴールドカードでの利用実績が必要となり、そのクレジットカード会社にとって優良な顧客にならなければなりません。その上で、クレジットカード会社からのインビテーションを受けてプラチナカードを取得することができるようになります。

インビテーションを受けていないとカード取得のための審査を受けることもできません。インビテーション制を取っているプラチナカードには、アメックスプラチナカードやシティプラチナカード、ダイナースプレミアムなどがあります。

数はとても少ないのですが、中にはインビテーション制を取っていないプラチナカードもあります。直接申し込みができるプラチナカードには、セゾン・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードとSBIプラチナカードがあります。しかし、申し込みをしたからといってすぐにプラチナカードが発行されるわけではなく、インビテーション制のカードと同じように、クレジットカード会社の審査にパスしなければなりません。

 

 月経前症候群  AGA  マークジェイコブス  低インシュリンダイエット
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ゴールドカードとは
ゴールドカードは、利用限度額が高く設定されており、受けることのできるサービスもスタンダードカードよりも充実している、優良顧客に対して発行されるカードです。
ゴールドカードのメリットとデメリット
充実した特典やサービスを受けることができるゴールドカードでも、サービスの内容を知らずに、カードを利用せずにいるといろいろなシーンで損をしているかもしれません。
お薦めゴールドカード
クレジットカードの会社はいろいろとあり、会社ごとに付帯しているサービスも異なっています。比較的審査基準が緩く入会しやすいスタンダードカードでは、サービスに大きな違いはありませんが、ゴールドカードではサービスの違いが目立ってきます。
プラチナカードとは
ラチナカードを持っていると、通常のクレジットカードを持っているだけではとても体験することができない上質なサービスを受けることができます。
プラチナカードのメリットとデメリット
クレジットカード会社の発行するカードの中で、プラチナカードのステータスは高いため、持っているということで満足感を得ることができるでしょう。
プラチナカード取得方法
プラチナカードを取得するためにはゴールドカードでの利用実績が必要となり、そのクレジットカード会社にとって優良な顧客にならなければなりません。
お勧めプラチナカード
他のクレジットカード会社のプラチナカードの年会費が50,000円~100,000円するのに比べて、セゾン・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードの年会費は21,000円と安く設定されているのも人気のある理由の一つでしょう。
ブラックカードとは
ブラックカードとは、ゴールドカードやプラチナカードよりも上位に位置するクレジットカードです。ブラックカードの歴史は浅く、1999年にアメリカン・エキスプレスがアメリカで発行し、日本では2002年に初めて発行されました。
ブラックカードのメリットとデメリット
通常のクレジットカードには設定されている利用限度額も、ブラックカードには設定されておらず、例えば家を一軒カードで購入することも可能です。
ブラックカード取得方法
クレジットカードの中で一番上位に位置するブラックカードは、持っていることがステイタスになるカードです。 年会費が10万円以上もするブラックカードを持っていると、高級レストランのVIPルームが利用できたり、一般のクレジットカードでは入手することができないような観劇やコンサートのチケットを手配することが可能であったりと最高級のサービスを受けることができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/938

コメントする

このサイトを購読する